パソコンの目の疲れに!

パソコンの目の疲れには、「眼」の機能そのものを回復させることが効果的!

 

目薬を差しても効果がない…そんな慢性的な眼精疲労には…

 

「眼」の調整機能が衰えてしまっているのかもしれません。
まめに目薬を差しても、すぐに疲れてしまう慢性的な目の疲れを感じている方は、「見える」という信号を脳に送る働きをするタンパク質「ロブトロシン」が衰えている可能性があります。 
パソコンの使用時間が長すぎる方は、どうしても、この傾向が強くなります。

 

「ロブトロシン」を再合成させる働きがあるのが、「ブリーベリー」に多く含まれる「アントシアニン」。
目薬ではどうにもならないならない…そんな慢性的なパソコンの目の疲れを感じている方は…「ブルーベリーのサプリメント」を試してみてはいかがですか?

 

 

パソコンの目の疲れがなかなか解消できないワケは…

一時的な眼精疲労の場合は、目薬を差したり、おしぼりを目に当てたりといったことで、対処ができますが、パソコンなど、日常の生活習慣で、慢性的に感じる場合は、根本的な改善を考えた方がいいでしょう。 
日常から「眼」を酷使している場合は、どうしても、必要以上に、大切な栄養素を使いすぎてしまうそうです。この栄養素「ロブトロシン」は自然に再合成されるのですが、この再合成が間に合わなくなると、「かすみ」や「ぼやけ」が出てしまい、それでも無理に「見よう」とするため、眼精疲労が出てしまうようです。 その「ロブトロシン」を再合成する手助けをするのに、もっとも適したものが「ブルーベリー」に含まれる成分「アントシアニン」です。

 

 

そのままにしておくと頭痛や肩こりの原因にも…

 

慢性的な場合はちょっと注意が必要です・・・
「ちょっと疲れただけ…」と、甘く見ていると、怖いのが慢性的な目の疲れです。 
目薬を差すくらいはしても、なかなか眼科に通ったりする方は少ないかもしれません。
でも、そういったことの繰り返しで、他の病気を引き起こしてしまうことも多いようです。
たとえば、頭痛。これは、眼精疲労が原因になることも多いようです。
また、肩こり…、これも、眼精疲労が引き起こすことが多々あります。
それ以外にも、不眠症に発展したり、体のだるさが続いたり…と、いろいろな体調不良を引き起こすようです。 
反対に、この目の疲れが取れたことによって、肩こりが治り、頭痛がなくなったというのは、体験談や口コミでも、よく聞く話です。一生付き合っていく、大切な「眼」です。是非、大切にしてあげて下さい。


 

 

 

 

 

パソコンの目の疲れは目薬だけではどうにもなりません。
一度、「ブルーベリーの驚きの効果」を試してみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

パソコンンを毎日長時間使用している方はどうしても、眼がチカチカ、ショボショボという症状が起こりがちです。いつものことだと、甘く見ていると、とんでもない病気を引き起こすことにも。慢性の頭痛・片頭痛もこれが原因のこともあるかもしれません。
解消法として、おしぼりを当てたり、眼精疲労のマッサージをしたり、ツボを刺激してみたりと、いろいろ試してみるものいいとおもいます。アイマスクなどで、しばらく休ませるのもいいでしょう。紫外線が強い日には、サングラスをかけて出かけるというのも効果的です。
目薬もまめに差すのがおすすめです。しかし、めまいや吐き気などが出るほど深刻になってしまった場合は、やはり早めに眼科で受診されて方がいいですね。
病気ではない…と思っても、思わぬ病に発展する可能性もありますので、注意が必要です。
ブルーベリーに含まれる、青紫色(アントシアニン)という成分がこういった眼精疲労に大変効果があると言われています。様々なブランドがありますが、どのくらいその効果を引き出せているかは、いろいろでしょう。リピーターも多く、大変評判のいい、製品ですので、安心して飲むことができると思います。